丹波篠山市
2019.10.14
今日はね、お祭りがあるというので丹波篠山市へ出かけてみました。
どの辺りかというと、兵庫県の山間ですね。



地図にある「大正ロマン館」はお土産店とレストランがあって、昼食は
そのレストランで「エビフライ」を頂きました。(写真撮るの忘れた)









「味めぐり」って名称で3連休中の催しだった様ですが、13日は台風
の影響で大雨だったとか。
私は最終日(14日)に行ったのですが、露天も少なく、人通りもそれ
ほど多くなかったですね。














ブラブラと街中を散策し、お散歩を楽しんで来ました。





















母様行きつけ?の和菓子屋さんで黒豆大福を食べましたが、お味は
私には今一って感じ。


母様は(自宅用・お友達用・ご近所用・・・と何だか爆買いのご様子。






































この車は嫌いです!。とても運転がしづらい!

お爺様が、お金に困っていたお友達から買ってあげたらしい(高くw)

スズメの受難日
2019.08.27
今日も雨が降っています。
雷雨は嫌いだけど、シトシト降る雨は好きです。
「京の街には雨が似合う」
と思うのは私だけでしょうか?。


窓ガラスに付いた雨粒が大きくなってガラスを
伝い、周りの滴を集めて流れ出す。
窓枠の下にたどり着くまで、指で追っかけて。




階下の向かいのコンビニから出てきた人が
「あ~ぁ、雨だなー」とか思いながら空を眺め
ガラス窓に指を滑らす「美少女」に気づいて
しばし、フリーズする・・って事は起きないw





こんな雨の日
スズメたちはちゃんと餌にありつけているのだろうか
お腹がすいているなら、私の所においで
菓子パンの残りくらいなら有るよ。

悲しい出来事
2019.08.25
買い置きしておいた「アイス」を食べよう!

と、キッチンの冷蔵庫に取りに行って

部屋に帰ろうとしたら、外に居た母様に

「若葉、ちょっとこれ手伝って」

と言われ、10分ほどお手伝いして

自分の部屋に帰ったの。



1時間ほどして

あれ? 何か忘れてる気がする・・・

あああ、アイス玄関に置きっ放しだ!

と、思い出して取りに行ったの

でも、

アイスはもう既に ホットだった
2019.08.25 10:11 | 固定リンク | 現実の欠片
そろそろ復帰?
2019.08.24
さてさて、8月も余すところ一週間となりましたね。
毎日のように夕立が襲ってきます。


最近ネットゲーム「リネージュⅠ」はすっかりご無沙汰しています。
それもこれもアイツのせいです!。


アイツ、そう、ファミコン?
10ヶ月ほど「ゼルダの伝説」にはまっていました。
任天堂ゲーム機とゼルダを購入したのが昨年の11月。
所見をクリアーするのに何と8ヶ月・・・トホホ
毎日やっていたわけではありませんが、やはり所見プレイは
戸惑いの連続で、数え切れない「GameOver」を味わいました。
元々アクションプレイが苦手ですから8ヶ月は妥当?w


お陰様?で、今はサクサクプレイできます。

と言ったところで、2度目のプレイを楽しんでいる分けで
沢山のお仲間・お友達がいらっしゃる「リネージュ」から
遠ざかってしまったわけですne。


そろそろリネ復帰を考えていますが、仲間の皆さんはきっとお強くなられて、

足手まといかもしれませんwa。

さて、どういたしましょう。






ヒグラシの鳴く頃
2019.08.20
暦の上ではもう秋だそうです。
若葉の好きな蝉「ヒグラシ」の鳴く頃が来ます。
近くに有る小高い丘の上にある小さな社で
石段に腰を下ろし、田畑や森を眺めながら
ヒグラシのもの悲しい鳴き声を聞くのが好きです。


今は京都で暮らしているの
何処に行けばヒグラシに会えるかと地図を眺めながら
考えていました。


有りましたよ、とっておきの場所が

それは鞍馬寺

上京からは「叡山電鉄鞍馬線」で簡単に行けます



「若葉、洛北に立ちヒグラシと語る旅」
いいですね~ いいですね~


ついでに「河床料理」も頂いて来ちゃいますか。
いいですね~ いいですね~




それまでは、この暑さに耐え抜こう
やがて実りの秋が来るyo


食欲の「秋」

あの人が、また一段と肥るのかな~w
「ダレノコトダカハイワナイ」
微笑みの国から
2019.07.19
微笑みの国、若葉の想い出の地、タイランドの
お友達からのLINEお便り。







JAちゃん

JAと言うのはニックネームで本名は「sashima」と言う。

タイ人は殆どの人がニックエームで呼ばれています。

本名で呼ばれることは少ないです。

そのニックネームも自分の名前とは関連の無く例えば

「鳥・動物・花・適当な言葉・・・」等々

スイカ(テンモン)・鹿(クワィーム)・鳥(ノック)・雨(フォン)・・・

なぜニックネームで呼ばれるのか?

聞いた話では

生まれたばかりの赤ちゃんは妖精の子でだそうで、その妖精が

赤ちゃんを奪いに来るのだそうです。

昔、まだ医学などが発達していなかった当時、乳児の死亡率が

高かった頃がありそれは妖精が赤ちゃんを奪いに来たからだ、

と、信じられて居たようです。迷信と言うやつですね。

それで、

親は「我が子が人間ではありませんよー」と言う意味で、ニックネーム

を付けて我が子のを呼んでいたそうです。

それも「人間とは悟られないようなアダナを」付けて

勿論、本当の名前名ちゃんと付けますが、呼び合う時はすべて

「ニックネーム」で呼ぶそうです。

余談ですが、日本にもそう言う呼び方(呼称)をされる方が居ます。

それは・・天皇です。

古来から、天皇の本名は公にされず隠されてきました。

書物に置いても、歴代の天皇は全て「○○天皇」と記されていますし

普段は「今上天皇・帝・やんごとなき御方・・・」

(「やんごとなき」は漢字で「止ん事なき」と書きます。 

止める事ができない、つまり放ってはおけないという意味が転じて

「とても重要な事」を示す言葉・・・重要な御方)

天皇が何故本名で呼ばれないのか?

古来、日本では「呪い」と言うことを非常に恐れていました

「本名を知られると言うことは、容易に呪いをかけられる」と、

思われていたのです。










・・・・・・あらら・・話しがそれてしまった・・・・・












 Ounut=オンヌット、は地名・場所名で

市場や商店が密集している所です。

果物・野菜・肉・雑貨・洋服・・何でもあります、安いです。

可愛いTシャツ・・150円~


























Samuto Prakan=サムットプラカーン・・・寺院

巨大な「三つ頭の象」のMonumentが有る寺院で、若葉の行ったことがあります。

いいなー、楽しそうだな~。

夏休みに遊びに行こうかな~

2019.07.19 09:27 | 固定リンク | 日常の欠片
近況報告
2019.07.02
今週は梅雨らしい天候。
毎朝、窓辺から眺める街や山々が小雨に煙っています。


はい!、まじめに大学には通っていますyo
人見知りが激しい若葉には、まだ誰と行ってお友達に
なれそうな方は出来ていません。
ナンパは3回されました。(自慢している訳だw)


実家の「桃」が美味しく色づいて来たようです。
今週末は桃パーだw
I love my friends
2019.05.30
タイランドから帰国して早4年が経ちます。
その間、何度か遊びには行ってますが、その度に
故郷に帰っているような気分になります。
多くはありませんが、迎えてくれる友達も居ます。
また、『この国(タイ)に住んでも良いかな』と
思ったりもしています。


友達とは今もLINEでやりとりしています。
私はタイ語を少し話せますが、書くことは出来ません。
タイの友達は日本語が出来ません。
そこで、使われる言語は「英語」もどきになります。
短いやりとりです。
大概は、「今度いつ来るの」「元気だよ」とか。
消息確認ですねw


「日本に遊びにおいでよ」と言っても、旅費とか
お金が掛かりますし、彼女らにはそこそこの大金?
「旅費や日本での費用は全て私が出すから」と言っても
みんな、それなりに忙しいようで。


ちょこっとだけ、友達を紹介しましょうか。


私より2個上のお姉さん、今は大学に通っています。
彼女とは良くショッピングに行きました。
バンコクで最も高層だと思われるビルがあって、その近くに
色んなデザインの洋服を安く売っているお店があります。
それも一軒じゃなくて、それはもう沢山のお店
一日中見ていても飽きないくらい。












美しすぎるw。嫉妬するくらいね。
この容姿で私と同い年って信じられますか?
時々歳をごまかしたりしますけどw
彼女も私も食べることが好きで、珍しい物があると聞くと
良く二人で食べに行きました。
バンコクには色んな国の食べ物屋さんが有って、制覇するのは大変w
最も多く言ったのが、イタリアンのお店かな。












私より5個上のお姉さん。
彼女とはそれはもう、あっちこっち旅行しました。
タイのことを何も分からない私を気遣ってくれてね。
随分と遠くまで泊まりがけで行ったことも何度もありましたね。
マンゴー・マンゴスチン・ランブータン・カノン等の果樹園で食べ放題とか。
映画「戦場にかける橋」で有名なクウェー川の鉄橋、アユタヤの遺跡
スコータイの遺跡、などなど、今でも時々思い出します。


さて、今度はいつ行こうかな。
民宿 若葉
2019.05.28
今日は雨、1日中降り続くらしい
5月に降る雨を、五月雨って言うらしい


もっとも、この国には旧暦と新暦で表される
場合が多く有り、明治5年12月2日までは
旧暦が使われていたらしい。
そして、明治5年12月3日が新暦の
明治6年1月1日になったようです。


そのため、新暦と旧暦には大凡1ヶ月のズレ
が出来ました。
日本各地の季節の行事などでは、今も旧暦で
行われることが多いようです。


5月のことを旧暦では「皐月(さつき)と言う。
五月と書いて(さつき)と読めるのもそこか
ら来ているのかな?。


そして、私はその皐月生まれです。

五月雨(さみだれ)とは、梅雨の事も指す
ようですね。


松尾芭蕉の句に
五月雨を あつめてはやし 最上川
と言うのがありますが、彼が奥の細道紀行を
していた5月(実際は4月)には最上川の近
くに居たのでしょうか?。


そんなことを考えながら、鴨川の堤を歩いて
いました。


今週末、和歌山に住んでいる大叔母とその娘
さんが来られる予定。
勿論、私の家族も来るでしょう。


もう、私の京都での住まいは、民宿のようです。w
和室の押し入れにお布団が沢山入っていた理由
も、納得できましたw


母からLINEが来ました。
大叔母様達の京都見物のスケジュールを立てる
ように、と。


私は、観光ガイドも兼ねているようです。
2019.05.28 12:45 | 固定リンク | 日常の欠片
お引っ越しあれこれ
2019.05.27
まぁー大変、気がつけば5月も終盤よ。
あぁ・・いいえ、気は付いていましたけどw
4月5月はね、忙しいのです。
特に今年はね、引っ越しとか有って。
家族の引っ越しじゃないの、若葉のお引っ越し。
この春から晴れて大学生になりましたyo。
そう、着々と「おばさま」に進化中ねw
小さいお子(小学生位かな)から「おばさん」って
呼ばれる年齢は何歳だろうね。
まぁーその人の容姿にもよるかも知れませんが。
若葉がそう呼ばれるのも遠くない?
この先必ず言われそうなのが、
「若葉じゃなく、青葉でしょう?」ってさ。
その先は、紅葉?、更に先は「枯葉」
そう思うと、良く出来た名だわw


そうそう、お引っ越し先はね「京都」
実家から大学に通うことも可能だけど、やっぱ、遠いわ。
と言う事で、土日は実家に帰る、と言うことで大学の近くに
お部屋を借りました。
まぁ-、お支払いはお爺様だけどw
「小さいお部屋でいいよ」って言ったのにね
一人住まいには分不相応な広さです。
3LDK、隠れんぼが出来ますってば。
これにはね、裏があるのよ、間違いなく。
きっと、頻繁に家族が遊びに(泊まりに)来るのだ。
と、思っていたら、昨日ね、早々に母様が起こしに
なりました。
お婆さまとご一緒でね。


下鴨神社・京都御所・京都植物園・等にも近くて
河原町までは、鴨川の堤を歩いて40分かな。


と、言うことで毎日京都巡りです。

ヤバいね、肥るよきっと、買い食い注意!!w

- CafeNote -